転送

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

(てんそう)

  1. 送られてきたものを、さらにの場所に送ること。
    • このハガキは文藝春秋新社気付でいったん東京へ送られ、転送されて、おそくついたから、謎の発見がおくれたのである。(坂口安吾巷談師』1950年)
  2. 情報機器において、ファイルデータをある装置から別の装置へ移動させること。
    • このため、例えば、現地の従業員の氏名等の個人情報でさえ、本社で管理するには、個人情報保護に係る契約を別途締結しなければ本国に転送すらできないというような支障が現状あるというようなことを民間の企業の方々から伺っております。(大西健介第189回国会 内閣委員会 第6号」2015年5月15日)

関連語[編集]

語義1

語義2

翻訳[編集]

語義1

語義2

動詞[編集]

サ変複合動詞 する(てんそう する)

  1. (他動詞) 送られてきたものを、さらにの場所に送る。
  2. (他動詞) 情報機器において、ファイルデータをある装置から別の装置へ移動させる。

活用[編集]

転送-する 動詞活用表日本語の活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
転送

する する すれ せよ
しろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 転送しない 未然形 + ない
否定 転送せず 未然形 +
自発・受身
可能・尊敬
転送される 未然形 + れる
丁寧 転送します 連用形 + ます
過去・完了・状態 転送した 連用形 +
言い切り 転送する 終止形のみ
名詞化 転送すること 連体形 + こと
仮定条件 転送すれば 仮定形 +
命令 転送せよ
転送しろ
命令形のみ

翻訳[編集]

語義1

語義2