近視

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア近視 の記事があります。

日本語[編集]

名詞[編集]

近視の目(上)と、凹レンズで矯正した状態(下)

 きんし

  1. 平行光線網膜よりも手前結像し、遠くのものがはっきり見えない状態。角膜水晶体曲率が強いために起こる「屈折性近視」、眼球が通常より前後に長いために起こる「軸性近視」、眼精疲労によって一時的に起こる「仮性近視(偽近視)」の3種に大別される。矯正には凹レンズを使用する。
    三年生になっ途端に、道子(みちこ)近視になった。「明日から眼鏡掛けなさいうっちゃっ置くと、だんだんきつくなりますよ」体格検査時間そう言われた、道子はぽうっとあかくなった。(織田作之助眼鏡』)

発音[編集]

き↗んし

類義語[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]

朝鮮語[編集]

名詞[編集]

近視근시

  1. (日本語に同じ)近視

ベトナム語[編集]

形容詞[編集]

近視cận thị

  1. 近視の

中国語[編集]

発音[編集]

  • ピンイン: jìnshì
  • 注音符号: ㄐㄧㄣˋ ㄕˋ
  • 広東語: gan6si6
  • 閩南語: kūn-sī

名詞[編集]

近視  (簡): 近视

  1. (日本語に同じ)近視