造詣

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語

[編集]

名詞

[編集]

 ぞうけい

  1. 学問技芸などに深くしていること。それにより得た知識や教養。
    • すると彼は、写真のことを話し出したが、写真については、少なくとも私より造詣が深いようである。(大下宇陀児「擬似新年」)〔1954年〕
    • 池に使ふ不動石、礼拝石、平浜――それは小柄のものに過ぎないが、植木屋さんは「学校の教養」と「留学」の造詣をかたむけて新古典風に造つて呉れた。(岡本かの子「女性と庭」)
    • 先生の漢學に於ける造詣は測るべからざるもので、古文にも精通して居らるるが、時文にも熟達して居られた。 (桑原隲藏『那珂先生を憶ふ』)〔1908年〕[1]

コロケーション

[編集]

中国語

[編集]

動詞

[編集]

(zàoyì 簡体字:造诣)

  1. 訪問する。
  2. 学術技能が熟達する。