遡及

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

そきゅう

  1. 過去に遡ること。溯及
  2. (法律)法律契約効果を、その法律や契約が成立する以前のある時点までに遡って有効なものとすること。

関連語[編集]

翻訳[編集]

動詞[編集]

活用[編集]

遡及-する 動詞活用表日本語の活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
遡及

する する すれ せよ
しろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 遡及しない 未然形 + ない
否定 遡及せず 未然形 +
自発・受身
可能・尊敬
遡及される 未然形 + れる
丁寧 遡及します 連用形 + ます
過去・完了・状態 遡及した 連用形 +
言い切り 遡及する 終止形のみ
名詞化 遡及すること 連体形 + こと
仮定条件 遡及すれば 仮定形 +
命令 遡及せよ
遡及しろ
命令形のみ

翻訳[編集]