邪魔

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

(じゃま)

  1. 仏道修行のさまたげとなるもの。
  2. 邪気・邪道・邪意・邪心などのの魔物・魔術師のこと。
  3. 物事の妨げとなる存在。
  4. 訪問

発音[編集]

じゃ↗ま

  • 接頭辞「」が付くと、「お↗じゃま」となる。

成句[編集]

  • 邪魔くさい
  1. (方言)めんどうだ。おっくうだ。
    • 「寒いけど火燵あけたり、火をこしらへるのが邪魔くさい」(『大わらい臍の西国』)

翻訳[編集]

形容動詞[編集]

(じゃま)

  1. (動作や活動が)物事の順調な進行妨げとなる。
    • 読書するときにテレビは邪魔だ。
  2. (空間的位置が)行為の達成の妨げとなる。
    • ここから花火を見ようとすると、隣のビルが邪魔だ。

活用[編集]

邪魔-だ 形容動詞活用表日本語の活用
ダ活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
邪魔 だろ だっ

なら (無し)
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
推量・意志 邪魔だろう 未然形 +
過去・完了 邪魔だった 連用形 +
否定形 邪魔でない 連用形 + ない
自動詞化 邪魔になる 連用形 + なる
言い切り 邪魔だ 終止形のみ
名詞化 邪魔なこと 連体形 + こと
仮定条件 邪魔ならば 仮定形 +
様態 邪魔そうだ 語幹 + そうだ

動詞[編集]

-する(じゃま-する)

  1. 進行などを妨げる。
  2. 謙譲訪問する。
    • お邪魔します。(家に上がる際などの挨拶)
    • おじゃましました。(訪問を終えて帰るときの挨拶)
  3. 人の近くを通過する。家の前や私有地などを通り抜ける。
    • 前をおじゃまします。

活用[編集]

邪魔-する 動詞活用表日本語の活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
邪魔

する する すれ しろ
せよ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 邪魔しない 未然形 + ない
否定(古風) 邪魔せず 未然形 +
自発・受身
可能・尊敬
邪魔される 未然形 + れる
丁寧 邪魔します 連用形 + ます
過去・完了・状態 邪魔した 連用形 +
言い切り 邪魔する 終止形のみ
名詞化 邪魔すること 連体形 + こと
仮定条件 邪魔すれば 仮定形 +
命令 邪魔しろ
邪魔せよ
命令形のみ