出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声文字。「」+ 音符「」、「兼」は穀物の穂を握った様子を象った字で、これに「金」を合わせて、穀物を刈る「かま」を意味する。
鎌-seal.svg

小篆

説文
(漢)

意義[編集]

  1. (農具)かま

日本語[編集]

発音(?)[編集]

名詞[編集]

  1. かまなどを刈るのに使う農具で、内側に湾曲するを有して、刈る際に引いて用いるもの。

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]

点字[編集]