出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「」+音符「」(「」の原字で区切るの意あり。空間を視覚的に区切るの意か)。

意義[編集]

  1. かがみ
    同義字;
  2. (まれ)かんがみる
  3. レンズ
    眼鏡

日本語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

発音[編集]

名詞[編集]

  1. かがみ)光の反射を利用し、姿を映し出す道具。最も古くは、水盆に水を張り姿を映していたが、やがて金属を磨くことにより作るようになり、現在では平面にしたガラスに銀などをめっきして作る。

熟語[編集]


中国語[編集]

*

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]


コード等[編集]

点字[編集]