出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

諸説がある。

  • 仙台藩四代藩主伊達綱村が、領内の村を訪れ、地名を聞いたところ「ゆりあげ」との言葉を得たが、「文字は」とさらに聞いたところ、「文字はありません」との答えであったため、「門から海がみえたので、『門』に『水』の文字を用い『閖上』と記するよう」との達しにより造られた文字である、という説。
  • 」の異体字で、「しなたり」や「しなたりくぼ」を表す字であるという説。


  • なお、康煕字典に収録はされていないが、中国においても同形の漢字の使用例があり、それを収録する古い辞書もあって、別字衝突が発生している。簡体字化を含め現代中国での使用はない。

意義[編集]

  1. 宮城県名取市の地名に用いられる文字。


日本語[編集]

発音[編集]

コード等[編集]