阿吽

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア阿吽 の記事があります。

名詞[編集]

(あうん)

  1. 「阿」は梵語の十二母韻の初韻で開声、「吽」は閉口の終声で合声。これが字音の最初と最後にあることにより両極を意味し、一切の文字音響は、この二つの間にあり、また万有もすべてこの二つの間に包摂されるといわれる。
  2. 仏教「阿」は万有発生の根源理体。「吽」は万有終極の究竟智徳法界の始と終。
  3. 仏教「阿」は平等理界胎蔵界大日如来、「吽」は差別シャベツ智界金剛界大日如来。平等と差別。
  4. 仏教「阿」は大日如来の種字、「吽」は金剛薩睡の種字。
  5. 仏教「阿」は菩提、「吽」は涅槃
  6. 仏教の出入り。呼吸。「阿」は出息暖気、胎蔵界の理。「吽」は入息冷気、金剛界の智。
  7. 物を相対、対比すること。
  8. 阿吽の二天、阿吽の二王のこと。又、寺社の前に、口を開いたのと閉じたのと二つの石獅子狛犬などを配したもの。
  9. 息を詰めあるいは掛け声をかけて力を籠めるさま。

語源[編集]


中国語[編集]

名詞[編集]

 àhōng

  1. (日本語に同じ)