静寂

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

(せいじゃく、じょうじゃく)

  1. 静まりかえっている状態。
    • 夜の静寂を破って、ドターンというような音響が、突然彼の鼓膜をうった。(海野十三『ネオン横丁殺人事件』)〔1931年〕

翻訳[編集]

形容動詞[編集]

  1. 静まりかえったさま。
    • 電燈は消滅して家中が薄暗く、そして静寂だった。(島田清次郎『地上 : 地に潜むもの』)〔1919年〕
    • 雑沓の街は結局地上で一番静寂な場所であるかも知れない。(坂口安吾『群集の人』)〔1932年〕

活用[編集]

静寂-だ 形容動詞活用表日本語の活用
ダ活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
静寂 だろ だっ

なら (無し)
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
推量・意志 静寂だろう 未然形 +
過去・完了 静寂だった 連用形 +
否定形 静寂でない 連用形 + ない
自動詞化 静寂になる 連用形 + なる
言い切り 静寂だ 終止形のみ
名詞化 静寂なこと 連体形 + こと
仮定条件 静寂ならば 仮定形 +
様態 静寂そうだ 語幹 + そうだ

翻訳[編集]


中国語[編集]

形容詞[編集]

jìngjì 繁体字:靜寂

  1. 静かで物寂しい

類義語[編集]