馬鹿の一つ覚え

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

慣用句[編集]

馬鹿の一つ覚え(ばかのひとつおぼえ)

  1. 覚えた事を、得意になって繰り返し何かにつけて言うこと。いつも同じことを言う人をあざけて言うことば。
    • まったく、どうも! 諺にある馬鹿の一つ覚えってやつで、あんたは二ルーブリといいだしたが最後、同じことばかり繰り返していなさる。(ニコライ・ゴーゴリ死せる魂平井肇訳1938年)