出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • (古代中国)「」の繁字。
    • 郭店楚簡』の『老子道徳経』(は判読不能)
      所以又大患者,為又身。 亡身,或囗囗囗囗囗囗囗囗為天下,若可以厇天下矣。以身為天下,若可以天下矣。
    • 現在伝えられるテキスト
      吾所以有大患者,為吾有身,及吾無身,吾有何患,故貴以身為天下,若可寄天下,愛以身為天下,若可託天下
  • (現代日本)おそらく、「返」の筆文字を活字化する際に転写を誤ったもの。

意義[編集]

  1. (古代中国)「及」に同じ。
  2. (現代日本、人名)「返」に同じ。「﨤町」で「そりまち」と読む例有り。「﨤目」は「そりめ」と読む。現在の長野市内で用いられる(用いられた)地名用字。

日本語[編集]

発音[編集]

  • 音読み
    無し
  • 訓読み
    そり

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

文字情報[編集]

文字コード[編集]


  1. chunom.org
  2. 竹内与之助「字喃辞典」, 大学書院, 1988, p.176