Wiktionary:カテゴリの付け方

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索
Purple question mark.png この文書はウィクショナリー日本語版の公式な方針あるいはガイドライン草案です。この文書には拘束力はありません。現在、内容に関してノートページで議論を行なっています。 ショートカット:
WT:CG

ここでは、カテゴリの付け方について、ウィクショナリー日本語版での指針と慣例を記します。「カテゴリとは何か」については w:Help:カテゴリ をご覧ください。

カテゴリの付け方は、現在思案中です。よりよい意見をお持ちの方はこのページのノート編集室でお願いします。

カテゴリの種類[編集]

ウィクショナリーでのカテゴリの利用法は大きく2つに分かれます。

  1. 言語別、品詞別、など言語学的な分類のため
  2. 数学、生物学、暦、デジタル用語など、その語が使用される場面の分類のため

前者は、所謂「国語辞典」「英和辞典」のような語学に関する辞書としての利用が見込まれます。また、後者では、その分野の専門用語辞典としての機能が見込まれます。

言語・品詞のカテゴリ[編集]

ウィクショナリーではカテゴリを使って項目を検索できます。 カテゴリは言語ごとにあります。 また、それぞれの言語の中で品詞に分かれています。 項目をカテゴリに登録するには、項目中に

[[Category:{{言語コード}}|(ソートキー)]]
[[Category:{{言語コード}}_(品詞名)|(ソートキー)]]

と打ってください。例えば英語の形容詞「beautiful」なら以下のようになります。「{{en}}」は「英語」、「{{adj}}」は「形容詞」です。

[[Category:{{en}}]]
[[Category:{{en}}_{{adj}}]]

とします。 ただし、屈折語の変化形は、原則として言語のカテゴリだけに入れ、品詞のカテゴリには入れません。動詞の変化形は「Category:{{言語コード}}_動詞_定形」カテゴリに入れます。

日本語で言えば季語や枕詞など、品詞ではないが文法的な分類となるものもこの階層に入れます。詳細は各言語のウィキプロジェクトで議論されます。

品詞別のカテゴリには項目は入れないでください。 ここはそれぞれの言語の品詞を入れます。

言語・分野のカテゴリ[編集]

ウィクショナリーでは分野別辞典も作っています。 もし、「この日本語の『積分』という単語は数学と関係あるな」と思ったら、日本語_数学カテゴリに入れてください。他の分野、他の言語でも同じです。 この際、もちろん言語と品詞のカテゴリにも入れます。「積分」の例では以下のようになります。

[[Category:日本語|せきふん]]
[[Category:日本語_名詞|せきふん]]
[[Category:日本語_数学|せきふん]]
  • たとえば「IT用語」など、「用語」という言葉は付けない

その他のカテゴリ[編集]

カテゴリ階層[編集]

カテゴリの中に他のカテゴリを含めることができます。カテゴリ A の中にカテゴリ B が含まれるとき、 A を B の親カテゴリと呼び、 B を A のサブカテゴリと呼びます。このようにして、ほとんどのカテゴリは階層化されています。

カテゴリ B をカテゴリ A に含める(カテゴリ A のサブカテゴリにする)には、カテゴリ B のカテゴリページ内に [[Category:A]] と書きます。

言語・品詞カテゴリは、言語カテゴリと品詞カテゴリの両方に含めることになっています。言語・分野カテゴリも同様に、言語カテゴリと分野カテゴリの両方に含めます。

例えば Category:日本語_名詞 は、以下のように「日本語」と「名詞」のサブカテゴリにします。ソートキーの書き方については後述します。

[[Category:日本語|#めいし]]
[[Category:名詞|にほんこ]]

ソートキー[編集]

各カテゴリページ上では、そのカテゴリに属する項目群が並んでいますが、並ぶ位置・順序を指定することができます。これをソートキーと呼びます(詳しくは w:Help:カテゴリ#ソートの順番 参照)。

カテゴリを張るときにソートキーを設定することで、カテゴリからの語の検索がしやすくなります。言語ごと、分野ごとにソートキーの設定の仕方が違います。

ソートキーを複数並べる場合、その区切りには半角空白を用います(議論)。

ソートキーの付け方には様々な議論があり、複数の慣例が並立している場合もあります。以下、慣例の一部を紹介します。

日本語[編集]

読みを平仮名で書きます。ただし、濁音・半濁音・小文字(拗音・促音)・長音を含む場合、まず清音で書き、半角空白を置いて、本来の読みを書きます。

  • 大変 → 「たいへん」
  • → 「ひよう びょう」
  • ジュース → 「しゆうす じゅうす」

項目名が平仮名で、清音・直音だけであれば、ソートキーは不要です。自動的に項目名がソートキーとなります。また、成句など同音の記事がほとんど発生しない場合は、文頭の一部のみを清音・直音で書くことでソートキーの機能を満たします。

さらに、同音語の順を保つため当該見出し語を加えることが推奨されます。

  • → 「ひよう びょう 秒」
  • → 「ひよう びょう 病」

なお、見出し語に替え、テンプレート{{PAGENAME}}を用いることもできます。

アルファベット表記の項目[編集]

アルファベット表記の項目(いわゆる、アブギダアブジャドを含みます)は、原則としてソートキーは不要です。自動的に項目名がソートキーとなります。

ただし、ダイアクリティカルマークについては、字母としての小文字を標準とするためDEFAULTSORTを活用することが推奨されます。以下にラテン文字の例を示します。

  • 通常の大文字・小文字 A -Z, a - z の52文字のみから成る見出しは、ソートキーを指定しない。見出し語がそのままソートキーとなる。
  • それ以外の文字を含む見出しについては、以下の規則で正規化した文字列と、半角空白一つとを、見出し語に前置したものを、ソートキーとする。
    1. ダイアクリティカルマークは(原則として)単に外す。例: Öl → "ol Öl"
    2. 合字は(原則として)単に分ける。ただしドイツ語の ß (SZ合字)は ss にする。例: œil → "oeil œil", Maß → "mass Maß"
    3. 空白やハイフンなどは省く。例: can't → "cant can't", Thank-God-it's Friday → "thankgoditsfriday Thank-God-it's Friday"

朝鮮語[編集]

ハングル表記の場合は不要、漢字表記の場合はハングル表記にして記します。

中国語[編集]

ピンイン表記を使い、声調は数字を後置することで表します。軽声は数字を付けません。「ü」は「v」で代用します。

分野[編集]

各分野カテゴリのノートページをご覧ください。

サブカテゴリ[編集]

原則として、カテゴリ名の読みを平仮名の清音で書きます。 親カテゴリ名と重複する部分は省略します。

親カテゴリが、多数の項目と比較的少数のサブカテゴリを含む場合、ソートキーの先頭に「*」記号を付けます。それによって、サブカテゴリ群がすべて親カテゴリの先頭ページに表示されるようになり、サブカテゴリの存在を見落としにくくなります。 ただし、言語カテゴリ内では「*」の代わりに、言語・品詞カテゴリには「#」を、言語・分野カテゴリは「$」を付けます。

ディフォルト・ソート[編集]

複数のカテゴリに共通するソートキーを、テンプレート{{DEFAULTSORT:●●●●●}}を用いることにより、まとめて表記することができます。

最後に[編集]

ウィクショナリーをより便利なものにするため、カテゴリーを貼っていない項目を見つけたら追加をお願いします。

関連項目[編集]