Wiktionary:即時削除

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

さっき作ったばかりのページからここへこられたのでしたら、そのページは間もなく削除されます。そして、ウィクショナリーへようこそ。決してあなたへの意地悪などで削除するわけではありません。実際、あなたがウィクショナリーに何か書いたということは非常にうれしいことなのです。ただ、あなたの書いたものが辞典とするには少しばかりふさわしくなかった、ということをご理解ください。もしテストで書き込みをされたのでしたら、次はぜひ項目を書いてみて下さい。またサンドボックスやあなたのユーザーページでご自由にテストを続けて下さい。

テストでなく書いたのでしたら、あなたの書いたものが即時削除の対象だったということになります。そのときはスタブw)を読んでいただければ、削除されない項目を書けるようになるでしょう。

このページの使い方[編集]

削除が必要なページを見つけたら、ページの先頭に {{即時削除}} を付け加えて下さい。履歴を見なくても中身を確認できるように、元々ある文章を削除する必要はありません。このメッセージは以下のような表示をします。

削除依頼に提出されています

このページ、「即時削除」は即時削除対象となっており、まもなく削除される予定です。

理由: 理由を記入してください。

もしこのページの削除に同意できなければ、記事を適切な内容に改めた上で {{即時削除}} を取り除いてください。

管理者へ - 削除の前にリンク元履歴のチェックを忘れずに

元の文章を {{即時削除}} で置き換えてしまうと、削除ログの削除理由に自動的に内容が反映されなくなり、削除する際の手間が増えてしまうことに注意して下さい。

ページ内での位置は上下どちらでもかまいません。即時削除の対象になるページはWiktionary:即時削除の方針に大まかな基準があります。当てはまるあてはまらないかの判断は各自のユーザーが行い、削除する管理者は中身を確認して削除、という手順になります。

なお、削除するべきであっても即時削除の対象ページではないページについてはWiktionary:削除依頼の方に投稿して下さい。また即時削除が相当と思われるページで、日本語で書かれていないため判別に困る場合にはm:Multilingual speedy deletionsに依頼してください。

管理者の削除手順[編集]

対処方法[編集]

通常はここにリストせずに {{即時削除}} を張るだけで対処してください。ここには、削除依頼から移動したものや対象となるか迷うようなケースのものを上げて下さい。

削除に反対など[編集]

{{即時削除}}が貼られた項目で削除に反対の場合は、その項目のノートに反対意見を書き、テンプレートの理由部分に「ノートで議論を行っています」などと書き足してください。既に削除されてしまっている場合は、削除の復帰依頼へ。