Wiktionary:Jones式発音記号

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

Jones式発音記号は音声学者Daniel JonesThe Pronunciation of English (1918) の中で用いた発音記号が元になっているもので、日本国内で発行されている英和辞典等で最も多く用いられている英語発音の表記法です。

強勢(ストレス)は母音字の上に第一強勢はアキュート・アクセント符号(  ́ )、第二強勢はグレイヴ・アクセント符号(  ̀ )を付けることで表します。斜体の記号は方言などの違いによって発音されない場合があることを示し、上付きのr (r) は、アメリカ英語では常に発音されますが、イギリス英語では次に母音が続く場合のみ発音されます。

特徴としては、細かい発音差を吸収できることがあげられます。その結果、大多数の英語話者にとって明らかに違う母音である /i//ɪ/; /u//ʊ/ がそれぞれ同じものであると錯覚させてしまう。方言など微妙な発音差を表現するにはIPAX-SAMPAを用いるべきです。

記号[編集]

母音
種別 記号 綴字
単母音 i mill
meet, tea
e pet, head
æ cap
ə about
ər anger
əːr girl, pearl
ʌ come, up
ɑ ox, holly
ɑː palm, father
ɔ hot, dog
ɔː law, mall
u book
blue, food
二重母音 r near, here
ei bay, age
r care
ai pie, sky
au now
ɔi boy, join
ou go, low
r poor, cure
子音
種別 記号 綴字
破裂音 p pipe
b baby
t tent, liked
d dad
k cake
ɡ go
摩擦音 f fife, phone
v via
θ earth
ð other
s sister
z zoo, apples
ʃ shade
ʒ measure, Asia
h high
破擦音 ʧ chair, watch
ʤ bridge, age
鼻音 m mom
n noon
ŋ ring
側音 l lily
接近音 j you
w we
r rice