bitharĩ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

異表記・別形[編集]

語源[編集]

スワヒリ語 bizari の借用[1]。さらにはアラビア語にまで遡る[2]

発音[編集]

  • IPA: /βìðáːɾè(ꜜ)/
この a は長母音である。
Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス3」で、他に同クラスの3音節語幹語には kĩgokorambarĩkikiumĩrithimiti などがある。
  • 〔キアンブ方言〕

名詞[編集]

bitharĩ クラス9/10(複数: bitharĩ

  1. カレー粉 (wp)[1]香辛料香料

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 "bitharĩ" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary, p. 30. Oxford: Clarendon Press.
  2. Baldi, Sergio (2011). "Swahili: A donor language." Lingua Posnaniensis 53(1), 7–24.
  3. 湯川恭敏 (1981).「キクユ語名詞アクセント試論――リムル方言について――」 『アジア・アフリカ言語文化研究』22, 75-123.