civis romanus sum

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラテン語[編集]

発音[編集]

  • (古典ラテン語) IPA: [ˈkiːwɪs roːˈmaːnʊs ˈsʊm]

成句[編集]

cīvis rōmānus sum

  1. 私はローマ市民である(我はローマ市民なり)。
    • キケロの「ウェッレス弾劾演説」により、「どこにいようとも、ローマ国家の庇護を受ける」等の意を含有するようになる。パウロにおいて、出生にかかわらず市民権を有するものは、その権利を享受できるの意も加わる。(古代)市民権を象徴する成句。

参照[編集]