gĩtamũhera

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

gĩtamũhera (Alchemilla argyrophylla)

異表記・別形[編集]

語源[編集]

J・C・ランメル(J.C. Rammell)によると、踏んでも足をどければまた起き上がることからこのような名前がついた[2]

発音[編集]

  • IPA: /ɣetamohɛɾa/
Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス7」で、他に同クラスの4音節語幹語には gatiraahũgĩndiraahũgĩ などがある。

名詞[編集]

tamũhera クラス7(複数: itamũhera

  1. バラ科ハゴロモグサ属植物Alchemilla sp.)[1]。特に、低木A. argyrophylla[2][3]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 Schmitt, Klaus (1991). The vegetation of the Abedare National Park Kenya, pp. 220, 222. Hochgebirgsforschung 7: 1–250.
  2. 2.0 2.1 2.2 Cotton, A. D. (1930). "A Visit to Kilimanjaro", p. 111. Bulletin of Miscellaneous Information (Royal Botanic Gardens, Kew) (1930)3, 97–121. https://doi.org/10.2307/4120235
  3. "tamũhera" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary, p. 427. Oxford: Clarendon Press.