giedoti

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リトアニア語[編集]

語源[編集]

同系語[編集]

バルト語派:

非バルト語派:

動詞[編集]

giedóti (直説法 , 現在・三人称: gíeda, 過去・三人称: giedójo, 未来・三人称: giedõs) [2][3]

  1. 歌う
    1. )歌う。
    2. が)さえずる
  2. 人間とって不快な出すうなる
  3. 口語所望する

発音(?)[編集]

  • IPA: [ɡʲɪəˈd̪ôːtʲɪ] (ギアドォティ)

活用[編集]

使用例[編集]

語義1.1: 〈(人が)歌う〉

+ su-:

語義1.2: 〈さえずる〉

直説法・現在・三人称:

語義2: 〈うなり声をあげる〉

直説法・現在・三人称:

成句[編集]

+at-, 過去受動分詞・女性・単数:

+su-, 直説法・現在・三人称の否定形:

類義語[編集]

語義1.1: 〈(人が)歌う〉

語義1.2: 〈さえずる〉

語義2: 〈うなり声をあげる〉

語義3: 〔口語〕

訳語[編集]

語義1:

語義2:

語義3: 〔口語〕 〈所望する〉

関連語[編集]

名詞:
  • gaida 女性
  • giesmė 女性
派生語[編集]

参照[編集]

語義2:

分詞[編集]

giedoti 男性 (過去受動分詞)

  1. "giedotas"の男性・複数・主格形。

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 Derksen, Rick (2008). Etymological dictionary of the Slavic inherited lexicon. Leiden Indo-European etymological dictionary series, v. 4. Leiden: Brill, p. 161. ISBN 978 90 04 15504 6 但し、ラトヴィア語の同系語は"dziêdât"の形で記載。
  2. 2.00 2.01 2.02 2.03 2.04 2.05 2.06 2.07 2.08 2.09 2.10 2.11 2.12 Balčikonis, Juozas et al., ed (1954). Dabartinės lietuvių kalbos žodynas. Vilnius: Valstybinė politinės ir mokslinės literatūros leidykla. p. 210.  NCID: BA04576554
  3. 村田郁夫・編『リトアニア語基礎一五〇〇語』大学書林、1994年、20頁。ISBN 4-475-01112-4