guoko

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

発音[編集]

  • IPA: /ɣuɔ̀kɔ́ꜜ/
Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス3」で、他に同クラスの2音節語幹語には kĩhaatombembekiugomuku などがある。
  • 〔キアンブ方言〕
    • 〔リムル方言〕
湯川 (1981) では rũrĩmĩmagutamũrumembũriitimũikaranyaumũthiariithomũikoũũkĩriũang'aragundinohobũrũri(複数: mabũrũri)、mbembekĩhaatokĩheeoũhoro(複数: mohoro)、rĩĩhiarĩũmbauuthi(複数: mauuthi)、mũndũrume などと同じ「高型」アクセントの名詞と分類されている[1]

名詞[編集]

guoko クラス15(複数: moko

  1. [2][3][4]
  2. [5][1]

類義語[編集]

語義1:〈手〉

全体語[編集]

語義2:〈腕〉

部分語[編集]

語義2:〈腕〉

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 湯川恭敏 (1981).「キクユ語名詞アクセント試論――リムル方言について――」 『アジア・アフリカ言語文化研究』22, 75-123.
  2. Kikuyu Language online: vocabulary and conversation practice 2017年10月14日閲覧。
  3. 杜由木 (2015).『夜には、夜のけものがあるき 昼には、昼のできごとがゆく』東京図書出版、205頁。ISBN 978-4-86223-828-3
  4. Muiru, David N. (2007). Wĩrute Gĩgĩkũyũ: Marĩtwa Ma Gĩgĩkũyũ Mataũrĩtwo Na Gĩthũngũ, p. 11.
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 5.4 Gathara, Janeesther Wanjiru (2015). A cognitive approach to Gikuyu polysemy, pp. 23–24.