irĩ gũthua ndongoria itikinyagĩra nyeki

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

異表記・別形[編集]

  • ciathua ndongoria itikinyagĩra nyeki[1]
  • ingĩthua ndongoria itikinyagĩra nyeki[2][3]
  • yaanathua ndongoria itikinyagĩra nyeki[4]

直訳[編集]

ことわざ[編集]

irĩ gũthua ndongoria itikinyagĩra nyeki[5][3]

  1. 指導者駄目になれば、それに付き従うたちも駄目になるか、あるいはどのようにすればよいのか途方に暮れることとなる[6]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ndongoria の語について、Barra (1960) はヤギ(英: goat)としているが、Ndegwa (2006) や Gitau (2008) のように(前者は bull、後者は cow)としたり、Kiruhi (2006) や Loughran (2010) のように(英: sheep)としたりする例もあり、杜 (2015) は「牛」として解説を行うなど、訳語が一定しない。Wanjohi (2001) は具体的に何の動物であるかは限定していない。

出典[編集]

  1. Ndegwa (2006).
  2. Loughran (2010).
  3. 3.0 3.1 Wanjohi (2001).
  4. Kiruhi (2006).
  5. Barra (1960).
  6. Ikenye (2010).

参考文献[編集]

洋書

和書

  • 「Iri gu-thua ndongoria itikinyagira nyeki」杜由木 (2015).『夜には、夜のけものがあるき 昼には、昼のできごとがゆく』東京図書出版、236-237頁。ISBN 978-4-86223-828-3