kĩndũ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

語源[編集]

Hinde (1904) は英語 thinganything にあたるキクユ語「ジョゴウィニ方言」(Jogowini dialect)の訳語として kiindu を記録している[1]。なおこれに対応するカンバ語は、まず anything は両方言とも共通で kiindu、thing は「ウル方言」(Ulu dialect; マチャコスから海岸部にかけての方言)は kiindu であるが「ンガニャワ方言」(Nganyawa dialect; キツイ地区の方言)は kinduki とされている[1]スワヒリ語は thing の意味でも anything の意味でも kitu とされている[1]

発音[編集]

  • IPA: /kèndò(ꜜ)/
Armstrong (1940) では  keendo として見え、 mũndũ を始めとした hukondigirinjagathirũĩ〈蜘蛛の巣〉などと同じ「moondoクラス」という声調クラスに分類されている[2]。Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス1」で、他に同クラスの1音節語幹語には mũringo などがある。
  • 〔キアンブ方言〕

名詞[編集]

ndũ クラス7(複数: indo[4]

  1. 〔複数のみ〕所有物財産
  2. 〔複数のみ〕家畜

類義語[編集]

語義3:〈家畜〉

上位語[編集]

語義3:〈家畜〉

下位語[編集]

語義3:〈家畜〉

派生語[編集]

名詞:

関連語[編集]

名詞(単数/複数):

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 Hinde, Hildegarde (1904). Vocabularies of the Kamba and Kikuyu languages of East Africa, pp. 4–5, 64–65. Cambridge: Cambridge University Press.
  2. Armstrong, Lilias E. (1940). The Phonetic and Tonal Structure of Kikuyu. Rep. 1967. (Also in 2018 by Routledge).
  3. 湯川恭敏 (1981).「キクユ語名詞アクセント試論――リムル方言について――」 『アジア・アフリカ言語文化研究』22, 75-123.
  4. "ndũ" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary, p. 300. Oxford: Clarendon Press.