mũcarage

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

異表記・別形[編集]

語源[編集]

Hutchins (1909) では Olea hochstetterii[ママ]の現地語名として m'Sharàge が記録されている[4]

発音[編集]

  • IPA: /mòɕàɾáɣɛ̀(ꜜ)/
Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス3」で、他に同クラスの2音節語幹語には kĩhaatombembekiugomuku などがある。

名詞[編集]

carage クラス3(複数: mĩcarage

  1. 特定のモクセイ科オリーブ属樹木
    1. Olea capensis subsp. macrocarpa(syn. O. hochstetteri[5][6])。木材イーストアフリカンオリーブ (wp)として国際的に流通している。
    2. Olea welwitschii(syn. Linociera welwitschii[5])。
  2. ミカン科カロデンドラム属ケープチェストナット (wp)カロデンドラム・カペンセ (wp)Calodendrum capense[2])。

類義語[編集]

〈ケープチェストナット〉

参照[編集]

Olea sp.〉

脚注[編集]

  1. エイダン・ウォーカー 編、乙須敏紀 訳『世界木材図鑑』産調出版、2006年、139頁。ISBN 4-88282-470-1(原書: The Encyclopedia of Wood, Quarto, 1989 & 2005.)
  2. 2.0 2.1 Beentje, H.J. (1994). Kenya Trees, Shrubs and Lianas. Nairobi, Kenya: National Museum of Kenya. ISBN 9966-9861-0-3
  3. Kamau, Loice Njeri et al. (2016). "Ethnobotanical survey and threats to medicinal plants traditionally used for the management of human diseases in Nyeri County, Kenya", p. 10. TANG 6(3).
  4. Hutchins, D. E. (1909). Report on the Forests of British East Africa, p. 12. London: Darling & Son.
  5. 5.0 5.1 "carage" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary, pp. 48–9. Oxford: Clarendon Press.
  6. Leakey, L. S. B. (1977). The Southern Kikuyu before 1903, v. III, p. 1331. London and New York: Academic Press. ISBN 0-12-439903-7