mũcingũ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

異表記・別形[編集]

発音[編集]

  • IPA: /mòɕìŋɡó/, /mòɕìŋɡǒ/
Armstrong (1940) では ngũkũ を始めとした hitimahĩtia(単数は ihĩtia)、mũkandandukakĩng'ang'i などと同じ「ŋgokoクラス」という声調クラスに分類されている[1]。Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス4」で、他に同クラスの2音節語幹語には kĩng'ang'ingũkũkĩeha などがある[2]。また「クラス2」(語例: kĩgunyũnjagĩkiugũ)でもあるとされている。

名詞[編集]

cingũ クラス3(複数: mĩcingũ

  1. 焼く際の香ばしい香り[3]

ことわざ[編集]

参照[編集]

脚注[編集]

  1. Armstrong, Lilias E. (1940). The Phonetic and Tonal Structure of Kikuyu. Rep. 1967. (Also in 2018 by Routledge).
  2. Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary. Oxford: Clarendon Press.
  3. Wanjohi, G. J. (2001). Under One Roof: Gĩkũyũ Proverbs Consolidated, p. 151. Paulines Publications Africa.