mũirĩtu

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

異表記・別形[編集]

発音[編集]

  • IPA: /moìɾéːtú/
この ĩ は長母音である[1]
Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス4」で、他に同クラスの3音節語幹語には kĩhengerengagacakĩariũngũ などがある。
  • 〔キアンブ方言〕IPA: /mòìɾéːtù(ꜜ)/
Armstrong (1940:52) では mũceerembarathindũrũmemũthangaMũthũngũ と共に3音節かつ孤立形で「高め、高、中」という声調を帯びる語とされている[2]

名詞[編集]

irĩtu クラス1(複数: airĩtu

  1. 割礼 (wp)を受けた少女

ことわざ[編集]

関連語[編集]

名詞:

参照[編集]

脚注[編集]

  1. "irĩtu" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary. Oxford: Clarendon Press.
  2. Armstrong, Lilias E. (1940). The Phonetic and Tonal Structure of Kikuyu. Rep. 1967. (Also in 2018 by Routledge).
  3. Kagaya, Ryohei (1981). "An Analysis of Tonal Classification of Noun in the Kabete Dialect of Kikuyu." In Journal of Asian and African Studies, No. 22, 1–20.
  4. 湯川恭敏 (1981).「キクユ語名詞アクセント試論――リムル方言について――」 『アジア・アフリカ言語文化研究』22, 75-123.