mũiri

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

mũiri

異表記・別形[編集]

語源[編集]

kũira〈黒くなる〉より派生[1]

Hutchins (1909) では Pygeum africanum のキクユ語名として M'Wère が記録されている[2]

発音[編集]

  • IPA: /mòìːɾíꜜ/
最初の i は長母音である[1]
Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス3」で、他に同クラスの2音節語幹語には kĩhaatombembekiugomuku などがある。

名詞[編集]

iri クラス3(複数: mĩiri

  1. バラ科サクラ属高木 (wp)の一つ、プルヌス・アフリカナ (wp) (Prunus africana[3], syn. Pygeum africanum[1])[4]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 "iri" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary, p. 189. Oxford: Clarendon Press.
  2. Hutchins, D. E. (1909). Report on the Forests of British East Africa, p. 24. London: Darling & Son.
  3. Kamau, Loice Njeri et al. (2016). "Ethnobotanical survey and threats to medicinal plants traditionally used for the management of human diseases in Nyeri County, Kenya", p. 10.
  4. Leakey, L. S. B. (1977). The Southern Kikuyu before 1903, v. III, p. 1337. London and New York: Academic Press. ISBN 0-12-439903-7