mũka

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

発音[編集]

Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス2」で、他に同クラスの1音節語幹語には mũtĩndĩ などがある[1]
  • 〔キアンブ方言〕湯川 (1981, 1985) は ngitĩmwĩrĩkĩrobotonyũmba と同じアクセントの型であるとしており、前者では「低II型」、後者では kahiũmũtĩ などの旧「潜在的昇型」と統合されて「准昇型」という呼称が与えられている[2][3]
  • 〔ナイロビ方言〕湯川 (1985:195) によると孤立形は [mòkà] で、後ろに wakwa〈私の〉が続く場合も [mòkà wáákòà] である[3]

名詞[編集]

ka クラス1(複数: aka

  1. 女房

類義語[編集]

成句[編集]

ことわざ[編集]

関連語[編集]

形容詞:

名詞:

参照[編集]

脚注[編集]

  1. Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary. Oxford: Clarendon Press.
  2. 湯川恭敏 (1981).「キクユ語名詞アクセント試論――リムル方言について――」 『アジア・アフリカ言語文化研究』22, 75-123.
  3. 3.0 3.1 湯川恭敏 (1985).「キクユ語名詞アクセント再論」 『アジア・アフリカ言語文化研究』29, 190-231.