mũkawa

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

mũkawa (Carissa spinarum)
mũkawa (Carissa spinarum)
mũkawa (Mystroxylon aethiopicum)

発音[編集]

  • IPA: /mokaːwa/
最初の a は長母音である[1]
Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス5」で、他に同クラスの2音節語幹語には kĩrungunjegekĩenyũ などがある。
  • カナ表記例: モカワ[2]

名詞[編集]

kawa クラス3(複数: mĩkawa

  1. キョウチクトウ科カリッサ属低木カリッサ・スピナルム (Carissa spinarumシノニム: Carissa edulis[1][3][4][2])。が多く、食用となるをつける[2]ニェリ県では樹皮煎じ薬として性病 (wp)ポリオ (wp)関節炎あるいは痛風 (wp)腹痛マラリア (wp)風邪に対して用いられたり、また強壮剤としてや男性性的興奮引き起こす用途でも用いられたりすることが報告されている[3]
  2. ニシキギ科樹木Mystroxylon aethiopicum[4] (シノニム: Cassine aethiopica[1][4], Elaeodendron aethiopicum[1])。果実ngawa)は明赤色で食用となる[1]

参照[編集]

語義2:

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 "kawa" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary, p. 211. Oxford: Clarendon Press.
  2. 2.0 2.1 2.2 ドナ・ジョー・ナポリ 作、カディール・ネルソン 絵、千葉茂樹 訳『ワンガリ・マータイさんとケニアの木々』鈴木出版、2011年。ISBN 978-4-7902-5223-8 原書: Mama Miti: Wangari Maathai and the Trees of Kenya, Simon & Schuster, 2010.
  3. 3.0 3.1 Kamau, Loice Njeri et al. (2016). "Ethnobotanical survey and threats to medicinal plants traditionally used for the management of human diseases in Nyeri County, Kenya", p. 5.
  4. 4.0 4.1 4.2 Leakey, L. S. B. (1977). The Southern Kikuyu before 1903, v. III, pp. 1303, 1309. London and New York: Academic Press. ISBN 0-12-439903-7