mũndũ ageraga maimwo, ndageraga maheo

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

異表記・別形[編集]

  • andũ mataraga/mageraga maimwo, matitaraga/matigeraga maheeo[1];「人々は…」
  • mondo ageraga maimwo, ndageraga maheo[2]

逐語訳[編集]

  • 「人は断られたことを数えるものだ、貰ったことは数えないものだ」

ことわざ[編集]

mũndũ ageraga maimwo, ndageraga maheo

  1. というものは物を貰えなかったことは覚えている一方で貰ったことは忘れるというように、かけてもらった情けは忘れがちであるということ。怨みほど恩を思え[3]

類義表現[編集]

脚注[編集]

  1. Wanjohi, G. J. (2001). Under One Roof: Gĩkũyũ Proverbs Consolidated, p. 12. Paulines Publications Africa.
  2. Cagnolo, C. (1933). The Akikuyu: Their Customs, Traditions and Folklore, p. 220. Nyeri, Kenya: Akikuyu in the Mission Printing School.
  3. 「Mundu a-geraga maimwo, ndageraga maheo」杜由木 (2015).『夜には、夜のけものがあるき 昼には、昼のできごとがゆく』東京図書出版、299頁。ISBN 978-4-86223-828-3