mũtũng'ũ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

語源[編集]

Hinde (1904) は英語 small-pox にあたるキクユ語「ジョゴウィニ方言」(Jogowini dialect)の訳語として muthungu を記録している[1]。なお、これに対応するカンバ語「ウル方言」(Ulu dialect; マチャコスから海岸部にかけての方言)は nthungu とされている[1]

発音[編集]

  • IPA: /mòtòŋóꜜ/
Armstrong (1940) では mbũri を始めとした makinyaNjoroge〈男性名の一つ〉、nyaga などと同じ「mboriクラス」という声調クラスに分類されている[2]。Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス3」で、他に同クラスの2音節語幹語には kĩhaatombembekiugomuku などがある。

名詞[編集]

tũng'ũ クラス3(複数: mĩtũng'ũ

  1. 天然痘 (wp)[3][4][5]

上位語[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 Hinde, Hildegarde (1904). Vocabularies of the Kamba and Kikuyu languages of East Africa, pp. 54–55. Cambridge: Cambridge University Press.
  2. Armstrong, Lilias E. (1940). The Phonetic and Tonal Structure of Kikuyu. Rep. 1967. (Also in 2018 by Routledge).
  3. Barlow, A. Ruffell (1960). Studies in Kikuyu Grammar and Idiom, p. 95.
  4. "tũng'ũ" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary, p. 480. Oxford: Clarendon Press.
  5. 5.0 5.1 Leakey, L. S. B. (1977). The Southern Kikuyu before 1903, v. II, pp. 888–905. ISBN 0-12-439902-9