mũthũ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

Colius striatus kikuyensis
Colius leucocephalus
Urocolius macrourus

異表記・別形[編集]

発音[編集]

Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス4」の1音節語幹である。
  • 〔リムル方言〕湯川 (1981:79) によると孤立形は [móðó] であるが、後ろに ũyũ〈この〉が続く場合は [móðò òjó]、後ろに wakwa〈私の〉が続く場合は [móðò wáákóá]、後ろに がある場合は [móðò né]、前に がある場合は [né móðó]、前に ti がある場合は [tì móðò] となるなど、前後に他の語が存在するか、存在する場合はどのような種類の語であるかによってアクセントの変動が見られる[2]。なお、ti の高さについてはリムル方言と同じくキアンブ方言に属するナイロビ方言を調査した湯川 (1985:199) で高いと訂正されている[3]
  • 〔ナイロビ方言〕湯川 (1985:194,197,200) で孤立形、後ろに wakwa、前に ti がある場合について分析が行われているが、ti の高さの扱いを除きいずれもリムル方言と同様である[3]

名詞[編集]

thũ クラス3(複数: mĩthũ

  1. 果実とするネズミドリ科[4]。特に、チャイロネズミドリ (wp)Colius striatus[1]

備考[編集]

キクユ人 (wp)の暮らすケニアに見られるネズミドリ科の鳥は、チャイロネズミドリのほかにはシロガシラネズミドリ (wp)Colius leucocephalus[5]アオエリネズミドリ (wp)Urocolius macrourus[6]の2種が挙げられる。

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 Lamond, Geneviene (2007). Local knowledge of biodiversity and ecosystem services in smallholder coffee farms in Central Province, Kenya. University of Wales, Bangor.
  2. 2.0 2.1 湯川恭敏 (1981).「キクユ語名詞アクセント試論――リムル方言について――」 『アジア・アフリカ言語文化研究』22, 75-123.
  3. 3.0 3.1 3.2 湯川恭敏 (1985).「キクユ語名詞アクセント再論」 『アジア・アフリカ言語文化研究』29, 190-231.
  4. "thũ" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary, p. 533. Oxford: Clarendon Press.
  5. BirdLife International. (2016). Colius leucocephalus. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T22683780A93000938. http://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-3.RLTS.T22683780A93000938.en. Downloaded on 21 August 2018.
  6. BirdLife International. (2016). Urocolius macrourus. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T22683792A93001520. http://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-3.RLTS.T22683792A93001520.en. Downloaded on 21 August 2018.