mwathwo nĩ nda arũgĩte mwathwo nĩ ithe

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

異表記・別形[編集]

  • mwathwo nĩ nda aakĩra mwathwo nĩ ithe[1]
  • mwathwo nĩ nda akĩra mwathwo nĩ ithe
  • mwathwo nĩ nda arũgĩĩte mwathwo nĩ ithe[2][1]
  • mwathwo ne nda arogete mwathwo ne ithe[3]

直訳[編集]

  • 「腹に支配される者が父親に支配される者を凌いだ」

ことわざ[編集]

mwathwo nda arũgĩte mwathwo nĩ ithe[4]

  1. 飢えている者と対話しようとしても、通用しないということ。
  2. 父親から束縛を受けることよりは、空腹に悩まされることのほうがまだましであるということ。

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 Wanjohi, G. J. (2001). Under One Roof: Gĩkũyũ Proverbs Consolidated, p. 97. Paulines Publications Africa.
  2. Kiruhi, Macharia (2006). Lessons in Kikuyu oral literature: Figures of Speech in Contemporary Use, p. 47. Cortraph.
  3. 3.0 3.1 Cagnolo, C. (1933). The Akikuyu: Their Customs, Traditions and Folklore, p. 219.
  4. Cagnolo, C. and Hilary Wambũgũ and James Mwangi Ngarariga and Peter Mũriĩthi Kariũki (2006). The Agĩkũyũ: Their customs、 traditions, and folklore, p. 229. Wisdom Graphics Place.

参考文献[編集]

  • 「Mw-athwo ni nda aakira mwathwo ni ithe」杜由木 (2015).『夜には、夜のけものがあるき 昼には、昼のできごとがゆく』東京図書出版、203、221頁。ISBN 978-4-86223-828-3