nulla poena sine lege

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラテン語[編集]

成句[編集]

nūlla poena sine lēge

  1. 法律なければ刑罰なし。罪刑法定主義表明したラテン語法諺

語源[編集]

nūlla(形容詞nūllusの女性単数(主格)形)「~が無い」「~の量がゼロ」+女性単数名詞poena「刑罰」+前置詞sine(名詞の奪格形を伴って)「~がない」+lēge(名詞lēx「法律」「実定法」の単数奪格形)

翻訳[編集]