nyũmba

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

nyumba も参照。

カンバ語[編集]

語源[編集]

Hinde (1904) は英語 house にあたるカンバ語「ウル方言」(Ulu dialect; マチャコスから海岸部にかけての方言)を nyumba、カンバ語「ンガニャワ方言」(Nganyawa dialect; キツイ地区の方言)は numba と記録している[1]。なお、これに対応するキクユ語「ジョゴウィニ方言」(Jogowini dialect)は nyumbaスワヒリ語nyumba とされている[1]

名詞[編集]

nyũmba

  1. [2]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 Hinde, Hildegarde (1904). Vocabularies of the Kamba and Kikuyu languages of East Africa, pp. 32–33. Cambridge: Cambridge University Press.
  2. Whiteley, W.H. and M.G. Muli (1962). Practical Introduction to Kamba, p. 25. London: Oxford University Press.



キクユ語[編集]

nyũmba(語義1.1)

語源[編集]

Hinde (1904) は英語 house に対応するキクユ語「ジョゴウィニ方言」(Jogowini dialect)の訳語として nyumba を記録している[1]。なお、これに対応するカンバ語「ウル方言」(Ulu dialect; マチャコスから海岸部にかけての方言)は nyumba 、カンバ語「ンガニャワ方言」(Nganyawa dialect; キツイ地区の方言)は numba、スワヒリ語nyumba とされている[1]

発音[編集]

  • IPA: /ɲò.mbǎ/
Armstrong (1940) では  ɲoomba あるいは nyoomba として見え、 mũtĩ を始めとした mũcingamũhakanjagĩmũrũthi などと同じ「moteクラス」という声調クラスに分類されている[2]。Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス2」で、他に同クラスの2音節語幹語には kĩgunyũnjagĩkiugũ などがある。
  • 〔キアンブ方言〕湯川 (1981, 1985) ともに mwĩrĩmũkangitĩkĩroboto と同じアクセントの型で、(1981) では「低II型」[3]、(1985) では (1981) における「潜在的昇型」(語例: kahiũ, mũtĩ)と統合されて「准昇型」と呼称されている[4]
  • 〔ナイロビ方言〕湯川 (1985:195,199,201,202) によると孤立形は [ɲò] で、後ろにyakwa〈私の〉が続く場合は [ɲòbà jáákòà] であるが、 前に がある場合は [néé ɲóḿ]、前に ti がある場合は [tíí ɲóḿ]、前に kũhe(動詞〈与える〉の不定形)がくる場合には [kòhɛ̀ɛ̀ ɲóḿ]となるなど前後に他の語が存在するか、存在する場合はどのような種類の語であるかによってアクセントの変動が見られる[4]
  • カナ表記例: ニョンバ[5]、ニュンバ[6]

名詞[編集]

nyũmba クラス9/10(複数: nyũmba

    1. 既婚女性とその子どもたちが暮らす家屋[5]
    2. リネージ (wp)[7]母系小規模血縁集団[5]家族一家
  1. 部屋

類義語[編集]

語義2:〈部屋〉

上位語[編集]

語義1.2:〈リネージ〉

成句[編集]

ことわざ[編集]

関連語[編集]

名詞:

参照[編集]

語義1.1:

語義1.2:

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 Hinde, Hildegarde (1904). Vocabularies of the Kamba and Kikuyu languages of East Africa, pp. 32–33. Cambridge: Cambridge University Press.
  2. Armstrong, Lilias E. (1940). The Phonetic and Tonal Structure of Kikuyu. Rep. 1967. (Also in 2018 by Routledge).
  3. 湯川恭敏 (1981).「キクユ語名詞アクセント試論――リムル方言について――」 『アジア・アフリカ言語文化研究』22, 75-123.
  4. 4.0 4.1 湯川恭敏 (1985).「キクユ語名詞アクセント再論」 『アジア・アフリカ言語文化研究』29, 190-231.
  5. 5.0 5.1 5.2 杜由木 (2015).『夜には、夜のけものがあるき 昼には、昼のできごとがゆく』東京図書出版、254頁。ISBN 978-4-86223-828-3
  6. 田崎祐生 (2002).「キクユ族の生活環境構成についての研究」京都大学。
  7. 7.0 7.1 "nyũmba" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary, p. 354. Oxford: Clarendon Press.