pugnare

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

pugnaré も参照。

イタリア語[編集]

語源[編集]

ラテン語 pugnāre

動詞[編集]

pugnare

  1. (自動詞) たたかう。
単純時制 複合時制
不定詞 pugnare avere pugnato
ジェルンディオ pugnando avereのジェルンディオ + pugnato
現在分詞 pugnante
過去分詞 pugnato
人称 単数 複数
第1人称 第2人称 第3人称 第1人称 第2人称 第3人称
直説法 io tu lui/lei noi voi essi/esse
単純
時制
現在 pugno pugni pugna pugniamo pugnate pugnano
未完了 pugnavo pugnavi pugnava pugnavamo pugnavate pugnavano
遠過去 pugnai pugnasti pugnò pugnammo pugnaste pugnarono
未来 pugnerò pugnerai pugnerà pugneremo pugnerete pugneranno
条件法 pugnerei pugneresti pugnerebbe pugneremmo pugnereste pugnerebbero
複合
時制
完了 avereの現在形 + 現在分詞
過去完了 avereの未完了形 + 過去分詞
直前過去 avereの遠過去形 + 過去分詞
未来完了 avereの未来形 + 過去分詞
条件法過去 avereの条件法 + 過去分詞
接続法 che io che tu che lui/che lei che noi che voi che essi/che esse
単純
時制
現在 pugni pugni pugni pugniamo pugniate pugnino
未完了 pugnassi pugnassi pugnasse pugnassimo pugnaste pugnassero
複合
時制
過去 avereの接続法現在形 + 過去分詞
過去完了 avereの接続法未完了形 + 過去分詞
命令法 - tu lui/lei noi voi essi/esse
pugna pugni pugniamo pugnate pugnino

関連語[編集]

アナグラム[編集]


スペイン語[編集]

動詞[編集]

pugnare

  1. pugnarの接続法未来第一人称単数形。
  2. pugnarの接続法未来公式第二人称単数形。
  3. pugnarの接続法未来第三人称単数形。

ラテン語[編集]

語源[編集]

pugnus < 印欧祖語 *puǵ-no- < *peuǵ-, *peuḱ-

動詞[編集]

現在 pugnō, 不定形 pugnāre, 完了 pugnāvī, スピーヌム pugnātum.

  1. たたかう。交戦する。
  2. 対立する。
  3. 奮闘する。
直説法 単数 複数
一人称 二人称 三人称 一人称 二人称 三人称
能相 現在 pugnō pugnās pugnat pugnāmus pugnātis pugnant
未来 pugnābō pugnābis pugnābit pugnābimus pugnābitis pugnābunt
半過去(未完了) pugnābam pugnābās pugnābat pugnābāmus pugnābātis pugnābant
完了 pugnāvī pugnāvistī pugnāvit pugnāvimus pugnāvistis pugnāvērunt
大過去(完了過去) pugnāveram pugnāverās pugnāverat pugnāverāmus pugnāverātis pugnāverant
未来完了 pugnāverō pugnāveris pugnāverit pugnāverimus pugnāveritis pugnāverint
所相 現在 pugnor pugnāris pugnātur pugnāmur pugnāminī pugnantur
未来 pugnābor pugnāberis pugnābitur pugnābimur pugnābiminī pugnābuntur
半過去(未完了) pugnābar pugnābāris pugnābātur pugnābāmur pugnābāminī pugnābantur
完了 sumの直説法現在形に続き pugnātus 男性, pugnāta 女性, pugnātum 中性 の形で用いられる。
大過去(完了過去) sumの直説法未完了形に続き pugnātus 男性, pugnāta 女性, pugnātum 中性の形で用いられる。
未来完了 sumの直説法未来形に続き pugnātus 男性, pugnāta 女性, pugnātum 中性 の形で用いられる。
接続法 単数 複数
一人称 二人称 三人称 一人称 二人称 三人称
能相 現在 pugnem pugnēs pugnet pugnēmus pugnētis pugnent
半過去(未完了) pugnārem pugnārēs pugnāret pugnārēmus pugnārētis pugnārent
完了 pugnāverim pugnāverīs pugnāverit pugnāverīmus pugnāverītis pugnāverint
大過去(完了過去) pugnāvissem pugnāvissēs pugnāvisset pugnāvissēmus pugnāvissētis pugnāvissent
所相 現在 pugner pugnēris pugnētur pugnēmur pugnēminī pugnentur
半過去(未完了) pugnārer pugnārēris pugnārētur pugnārēmur pugnārēminī pugnārentur
完了 sumの接続法現在形に続き pugnātus 男性, pugnāta 女性, pugnātum 中性 の形で用いられる。
大過去(完了過去) sumの接続法未完了形に続き pugnātus 男性, pugnāta 女性, pugnātum 中性の形で用いられる。
命令 能相 所相
現在 (二人称) 未来 (二人称) 未来 (三人称) 現在 (二人称) 未来 (二人称) 未来 (三人称)
単数 pugnā pugnātō pugnātō pugnāre pugnātor pugnātor
複数 pugnāte pugnātōte pugnantō pugnāminī pugnantor
現在 完了 未来 現在 完了 未来
不定法 pugnāre pugnāvisse pugnātūrus esse pugnārī pugnātus esse pugnātum īrī
分詞 pugnāns pugnātūrus -ra, -rum pugnātus -a, -um pugnandus -nda, -ndum

派生語[編集]

関連語[編集]

諸言語への影響[編集]

参照[編集]