reagere

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オランダ語[編集]

動詞[編集]

reagere

  1. reagerenの接続法現在単数形。

アナグラム[編集]


ノルウェー語(ブークモール)[編集]

語源[編集]

ラテン語 reagere

動詞[編集]

reagere (命令 reager, 現在 reagerer, 過去 reagerte, 過去分詞 reagert, 現在分詞 reagerende)

  1. 反応する。

ラテン語[編集]

動詞[編集]

現在 reageō, 不定形 reagēre, 完了 reaguī, スピーヌム reagitus.

  1. (化学) 反応する。
直説法 単数 複数
一人称 二人称 三人称 一人称 二人称 三人称
能相 現在 reageō reagēs reaget reagēmus reagētis reagent
未来 reagēbō reagēbis reagēbit reagēbimus reagēbitis reagēbunt
未完了 reagēbam reagēbās reagēbat reagēbāmus reagēbātis reagēbant
完了 reaguī reaguistī reaguit reaguimus reaguistis reaguērunt
完了過去 reagueram reaguerās reaguerat reaguerāmus reaguerātis reaguerant
未来完了 reaguerō reagueris reaguerit reaguerimus reagueritis reaguerint
所相 現在 reageor reagēris reagētur reagēmur reagēminī reagentur
未来 reagēbor reagēberis reagēbitur reagēbimur reagēbiminī reagēbuntur
未完了 reagēbar reagēbāris reagēbātur reagēbāmur reagēbāminī reagēbantur
完了 sumの直説法現在形に続き reagitus 男性, reagita 女性, reagitum 中性 の形で用いられる。
完了過去 sumの直説法未完了形に続き reagitus 男性, reagita 女性, reagitum 中性の形で用いられる。
未来完了 sumの直説法未来形に続き reagitus 男性, reagita 女性, reagitum 中性 の形で用いられる。
接続法 単数 複数
一人称 二人称 三人称 一人称 二人称 三人称
能相 現在 reageam reageās reageat reageāmus reageātis reageant
未完了 reagērem reagērēs reagēret reagērēmus reagērētis reagērent
完了 reaguerim reaguerīs reaguerit reaguerīmus reaguerītis reaguerint
完了過去 reaguissem reaguissēs reaguisset reaguissēmus reaguissētis reaguissent
所相 現在 reagear reageāris reageātur reageāmur reageāminī reageantur
未完了 reagērer reagērēris reagērētur reagērēmur reagērēminī reagērentur
完了 sumの接続法現在形に続き reagitus 男性, reagita 女性, reagitum 中性 の形で用いられる。
完了過去 sumの接続法未完了形に続き reagitus 男性, reagita 女性, reagitum 中性の形で用いられる。
命令 能相 所相
現在 (二人称) 未来 (二人称) 未来 (三人称) 現在 (二人称) 未来 (二人称) 未来 (三人称)
単数 reagē reagētō reagētō reagēre reagētor reagētor
複数 reagēte reagētōte reagēntō reagēminī reagentor
現在 完了 未来 現在 完了 未来
不定法 reagēre reaguisse reagitūrus esse reagērī reagitus esse reagitum īrī
分詞 reagēns reagitūrus -ra, -rum reagitus -a, -um reagendus -nda, -ndum

諸言語への影響[編集]