syn

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

syn- も参照。

スウェーデン語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアスウェーデン語版に syn の記事があります。

名詞[編集]

syn 通性

  1. 視覚
  2. 視界眺め
  3. 見解

格変化[編集]

類義語[編集]

語義2: 〈視界〉

語義3: 〈見解〉

関連語[編集]

動詞:

名詞:

派生語[編集]

形容詞:

副詞:

成句[編集]

参考辞書[編集]

  • 松下正三、古城健志 編『スウェーデン語日本語辞典』大学書林、2002年。ISBN 4-475-00069-6

スロヴァキア語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアスロヴァキア語版に syn の記事があります。

語源[編集]

同系語一覧はポーランド語節を参照。

名詞[編集]

syn 男性

  1. 息子

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 Rick Derksen, Etymological dictionary of the Slavic inherited lexicon. Leiden Indo-European etymological dictionary series, v. 4. Leiden: Brill, 2008, p. 483. ISBN 978 90 04 15504 6



チェコ語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアチェコ語版に syn の記事があります。

語源[編集]

同系語一覧はポーランド語節を参照。

名詞[編集]

syn 男性

  1. 息子

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 Rick Derksen, Etymological dictionary of the Slavic inherited lexicon. Leiden Indo-European etymological dictionary series, v. 4. Leiden: Brill, 2008, p. 483. ISBN 978 90 04 15504 6



ポーランド語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアポーランド語版に syn の記事があります。

語源[編集]

同系語[編集]

スラヴ語派:

非スラヴ語派:

 (sunus)[1]; サンスクリット सूनु (sūnú-)[1]

発音[編集]

名詞[編集]

syn 男性 人間 (単数 , 生格および対格: syna, 前置格および呼格: synu, ; 複数 , 主格: synowie, 生格および対格: synów)

  1. 息子

格変化[編集]

上位語[編集]

派生語[編集]

名詞:

形容詞:

参照[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 Rick Derksen, Etymological dictionary of the Slavic inherited lexicon. Leiden Indo-European etymological dictionary series, v. 4. Leiden: Brill, 2008, p. 483. ISBN 978 90 04 15504 6