かも

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアカモ の記事があります。
Wikiquote
フリー引用句集ウィキクオートに関連のあるページがあります。
Commons-logo.svg

日本語[編集]

名詞[編集]

かもカモ

カモ
  1. 日本の湖沼・河川などで見られる水鳥の仲間・カモ科。カルガモ(wp)、オシドリなど通年生息する水鳥と、マガモ、コガモ、オナガガモ、スズガモなど、日本では冬季に見られる水鳥を含む。家禽として飼育される場合もある。冬の季語。
    海暮れて鴨の声ほのかに白し (松尾芭蕉(wp)『野ざらし紀行』)
  2. 鴨肉食品としての上記のカモ類の肉。
    ボーイが私たちのところへ持って来た鴨は、半熟にボイルしてあり、二十四万三千七百六十七番という由緒を示す番号札が添えてあった。ボーイは見せるだけ見せると、番号札を残して鴨を持ち去った。(北大路魯山人『すき焼きと鴨料理--洋食雑感--』)
  3. 詐欺のターゲット。勝負事などで、くみしやすい相手。
    成句:鴨が葱を背負って来る
    大獲物だった。西風の夜のこの獲物は、鴨が葱を背負ってきたようなものだった。(海野十三 『人間灰』

発音[編集]

か↘も

成句[編集]

  • いとこ同士は鴨の味

翻訳[編集]

参照[編集]

複合助辞[編集]

  1. かもしれないの短縮形。