出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

別字衝突

  • (康煕字典への採録はなく、ほぼ、廃字)おそらく「人」+音符「」の会意形声と想定される。「云」は「」の原字で雲や湯気がたなびく姿を表す象形文字。たなびいて進む様。
    班固白虎通
    魂魄者何謂也。魂猶伝伝也、行不休於外也。主於情。魄者迫然著人主於性也。魂者、芸也、情以除穢。魄者、白也、性以治內。
  • (日本)の略字体。「」は「」の略体として用いられる(例.)。

意義[編集]

  1. (廃字)霊魂が現れるさま。
  2. (日本)つたえるつたわる

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. つててがかり
  2. デン、しばしば、「この伝」「その伝」として)やり方、過去の例。

熟語[編集]

中国語[編集]

*

  • 現在では廃字、日本の新字体「伝」の異体字については又は参照

朝鮮語[編集]


コード等[編集]