出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • JIS に採用される以前は実在しなかった文字[1](誤掲出)。
    𡚴」の字の作字をする際に山と女を組み合わせてコピーをとったところ、紙の影が写ってしまい、「妛」と誤認されたのが原因とされる。幽霊文字のひとつ。
  • 上記の事実が判明するまで各辞書では、
  1. 」の異体字とした(広辞苑 五版、漢字源、大辞泉など)
  2. 𡚴」の誤字を疑った(学研日本語大辞典など)
と、対応がまちまちであった。

前者については、上から順に「屮」「一」「女」と書く字がの異体字として実際にあり[2]、半ば強引にその字のバリエーションとしたものと思われる。

なお、広辞苑では四版(1991年発行)以前は見出しなし、六版(2008年発行)以降は『「山女」の合字「𡚴あけび」の誤字』と修正されている。

コード等[編集]

脚注[編集]

  1. 芝野耕司『JIS漢字字典』、日本規格協会、2002年6月
  2. 『三省堂漢字辞典』pp.256(三省堂)1903年