後悔先に立たず

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

ことわざ[編集]

後悔(こうかい)先(さき)に立(た)たず。

  1. 何かしてしまった後で悔やんでも、もうすでに取り返しがつかないこと、したがって、後で悔やまないように、事前熟考すべきである、ということ。
    ミルキ閣下は、やっと今になって、女大臣の策動にかかって、愛する美しきミルキ夫人と智慧の神コハクを喪ったことを知り、じだんだ踏んだが後悔は先に立たなかった。(海野十三 『十八時の音楽浴』)

類義句[編集]