白羊宮

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア白羊宮 の記事があります。

日本語[編集]

名詞[編集]

(はくようきゅう)

  1. 〔占星術〕 黄道十二宮の第1宮。獣帯のうち黄経0度 - 30度の区域。一般的には3月21日から4月20日までの期間に太陽が通過するとされる。
  2. 〔天文学〕《廃語》 天球を12分割したもののうち、黄経0度 - 30度の区域。

由来[編集]

西洋占星術Aries の漢訳名から。現在ではほとんど使われず、俗に「牡羊座」ということが多いが、星座の「おひつじ座」とは別ものなので、両者の混同を避けるために占星術では「おひつじのサイン」、天文学史では「おひつじ宮」と表現されることもある。


翻訳[編集]

関連語[編集]

日本語の黄道十二宮
白羊宮 金牛宮 双児宮 巨蟹宮 獅子宮 処女宮 天秤宮 天蝎宮 人馬宮 磨羯宮 宝瓶宮 双魚宮