うめ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

名詞[編集]

冬至梅の花
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアウメ の記事があります。

うめ/

  1. バラ科サクラ属の落葉高木 Prunus mume、またはその果実、あるいはのこと。中国、長江流域を原産とする。花を観賞するほか、果実を梅干しや梅酒にする。平安時代以前は花と言えば梅を指し、平安以降はを指す。 (花は春の季語、実は夏の季語)
  2. 寿司等、日本の風習において一番下の等級を示す。間接的な表現であり、雅やか風流ニュアンスを生む。高い順にまつたけ、梅と当てる。それぞれ特上、あるいは S, A, B に相当。

語源[編集]

  • 漢字「」の唐代の音muəiの音写「ムメ」からとの説あり。

発音[編集]

  • 東京式アクセント: う↗め
  • 京阪式アクセント: ↗うめ

派生語[編集]

翻訳[編集]

バラ科の落葉高木

人名[編集]

うめ

  • 日本人の女性名の一つ。