並立

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

名詞[編集]

(へいりつ)

  1. (古語・雅語で「なみたち」とも読む)複数のものが並んで立っていること。
    石坊の後すなはち北方約半町ばかりに、隴畝の間に五方石碑並立して居るが、東より第二番目がいはゆる景教碑である。(桑原隲藏 『大秦景教流行中國碑に就いて』)
    百足らず伊予路を見れば、山の末島の崎々、真白にぞみ雪ふりたれ、並立(なみたち)の山のことごと、見渡の島のことごと、冬といへど雪だに見えぬ、山陽(かげとも)の吉備の御国は、住よくありけり(正岡子規『墨汁一滴』)
  2. 複数のものが、同時かつ同等存在すること。
    ゆえに今、帝室より私学校保護するに、かねて学者篤志なるものを撰び、これに年金をあたえて、その生涯安身地位を得せしめたらば、おのずから我が学問社会面目を改めて、日新の西洋諸国に並立し、日本国の学権を拡張して、を海外に争うの勢にいたるべきなり。(福沢諭吉『学問の独立』)