出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 」の略体。「竝」は「(人の立った姿)」をならべて、人が同様に並ぶ様子を示した会意文字。「」と同系。

意義[編集]

  1. ならぶならべる

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. (なみ) 世間一般にごく普通であること。良く悪くもなく、平均であること。
  2. (なみ) 同類であること。程度であること。
  3. (なみ) その共通すること。
  4. (なみ) 並んでいること、並びになっているものを表す
  5. (なみ) 同じ部類属すること、同じ程度であることを表す
  6. (なみ) その一つ一つそうであること、それらに共通であることを表す

接尾辞[編集]

  1. (なみ) 最低限その範疇に入る程度要件は達していること。
    人並み世間並み

熟語[編集]


中国語[編集]

*(簡体字:并)

副詞[編集]

  1. (「」「」など否定の副詞とともに)決して~ない。
    並非

接続詞[編集]

  1. さらに、その上。
    並且

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

コード等[編集]