六法

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア六法 の記事があります。

名詞[編集]

(ろっぽう)

  1. (六方歌舞伎演技の一様式。花道を去るときに演じられることが多い。「弁慶の飛び六法」「六法を踏む」
  2. (法律)日本法で最も基本とされる、六個の法典憲法民法刑法商法民事訴訟法刑事訴訟法
  3.  語義2の法及び関係する法令全てを収録した出版物「六法全書」の略。 (例)小六法、判例六法
  4.  (語義3より)ある分野の法令を網羅した出版物。 (例)交通六法、福祉六法

語源[編集]

  • 語義1、手足を四方(東西南北)+二方(天地)いっぱいに広げる様からとされる。
  • 語義2以下、明治期の世界最先端の法令体系であるナポレオン5法典に憲法を加え六法としたとされるが、命名に際し語義1が意識されていたものといわれる。

翻訳[編集]


中国語[編集]

名詞[編集]

  1. (台湾)主要な法律。構成は確定していない。

発音[編集]