多多益善

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

中国語[編集]

成句[編集]

多多益善(duō duō yì shàn)

  1. 多多益々弁ず。多ければ多いほど都合が良い。

翻訳[編集]

出典[編集]

【白文】

上常從容與信言諸將能不、各有差。上問曰「如我能將幾何?」、信曰「陛下不過能將十萬。」、上曰「於君何如?」、曰「臣多多而益善耳。」

【訓読文】

上、常に信と從容し、諸將の能不、各々差有るを言ふ。上問いて曰はく、「我は幾何に將する能う如きか?」、信曰はく「陛下十萬に將するに能うに過きず。」、上曰はく「君にや何如?」、曰はく「臣多多益々善きのみ。」


【現代語訳】

高祖劉邦が韓信と散歩をしているときに諸将の能力を論評した。高祖が「自分はどの位の将の器か」と尋ねたところ、韓信は「まあ十万の将というところです」と答えたのでさらに「では、お前はどの位の将の器か」と聞いたところ、「多ければ多いほど、良いのです」と答えた。