出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 」の略字体。「數」は+会意文字で、攴は算木を手に取るという意味である動作をなす事を表し、婁は(ひきだす)をあらわす。又は、複数の女性(おそらく奴隷であろう)が数珠つなぎにされた様を表し、複数のものを数えることを意味(藤堂)。

意義[編集]

  1. かぞえる
  2. かず
  3. ものの数に入る。評価できる。

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
  1. (かず、すう)個数や量を抽象化した概念。

中国語[編集]

名詞[編集]

shù

  1. 数、数量

動詞[編集]

shǔ

  1. かぞえる

朝鮮語[編集]

コード等[編集]

点字[編集]