出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意。「」を対象として「」で見ること。二者の向かい合う様。

意義[編集]

平声陽韻[編集]

副詞[編集]
  1. たがいに。二者の間で。
    相互」、「相似」、「相違」、「相殺」、「相剋
    「年年歳歳花似」(年年歳歳花あひ似たり)
    (モモやスモモの)花はどの年(に咲く花)もたがいに(色も香りも)似ている(のに対して)(『代白頭

去声漾韻[編集]

動詞[編集]
  1. みる
    「凡處敵、」(およそ軍をき敵をるに、)
    一般的に、(戦場の地形に合わせて味方)部隊を配置したり敵方(部隊の展開)を把握(してこれに対処)するには、(『孫子』「行軍第九」)
  2. たすける
    「機相灌輸、」(からくり灌輸(くゎんゆ)するをたすけ、)
    始皇帝陵では)機械が(水銀を)流し運び、(『史記』「秦始皇本紀」
名詞[編集]
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
  1. 大臣。(君主を輔けることから。)
    宰相」、「丞相」、「相国」、「首相」、「相国寺(しゃうこくじ)
    「王侯將寧有種乎。」(王侯わうこう將相しゃうしゃういづくんぞしゅ有らんや。)
    王侯や将軍、宰相になるのにどうして血筋の区別があろうか。いいやない。(『史記』陳渉世家
  2. (数学および物理学用語)状態局面。(英語:phase
    相律」、「相図」、「位相空間」、「相空間
  3. すがた、かたち。
    人相」、「相貌」、「形相

日本語[編集]

発音[編集]

接頭語[編集]

  1. あい)動詞や名詞に付いて、「いっしょに」「ともに」「互いに」などの意味を添える。
  2. あい)動詞について語調を整えるのに使う。「~成るべくば」

名詞[編集]

  1. あい相づちを打つこと。
  2. あいの相手をすること
  3. あい共謀すること。また、その仲間
  4. あいあいこ

熟語[編集]


中国語[編集]

*

名詞[編集]

xiàng

  1. 容貌
  2. 姿勢
  3. (広東語 seung2)写真

動詞[編集]

xiàng

  1. 鑑定する

人名[編集]

Xiāng, Xiàng

  1. 中国人ののひとつ。百家姓第396位。

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

名詞[編集]

  1. 人相面相
  2. 有様ありさま
  3. 表情

熟語[編集]

コード等[編集]