出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

意義[編集]


日本語[編集]

発音[編集]

助詞[編集]

など(この文字を受け、「トウ」と読むこともある)

  1. 多く事柄から、主なもの取りあげて「たとえば」の気持ちをこめて例示する。多く場合種類ものがあることを言外含めて言う
  2. ある事物特に取りあげ例示する。
  3. 軽んじて扱う場合
  4. 叙述弱めやわらげる場合。この場合には例示気持ちはあまりない。
  5. 引用受けて大体このようなことを、の意味表す

接尾辞[編集]

  1. (トウ) 同種のものを列挙し、そのようなものほかにもあることを表すなど
  2. (トウ) 順位等級などを数えるのに用いる
  3. () 表す名詞代名詞付いて複数であることを表す謙譲親愛蔑視気持ち含んで、それと同類のものを漠然とさす。目上表すには付かない
  4. () 名詞付いて語調整えまた、事物おおよそさし示す
  5. () 指示代名詞またはその語根付いて方向場所などをおおよそ示す作る
  6. () 表す名詞代名詞付いて謙遜または蔑視意味表す自分に対する謙遜気持ち時代下るとともに強くなり、相手他人に対する蔑視気持ち古く愛称としての用法ともなる。
  7. () 形容詞語幹擬態語付いて状態性意味名詞または形容動詞語幹作る

熟語[編集]

中国語[編集]

*

動詞[編集]

  1. 一下
    ちょっと待ってください。

助詞[編集]

  1. など

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

依存名詞[編集]

  1. など

関連語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]